生稲晃子議員 選挙中に統一教会の関連施設を訪問報道…接触発覚でさらに高まる不信感!?

7月に東京選挙区から初当選し、8月3日に召集された臨時国会で新人議員として登場した生稲晃子参議院議員(54)が注目を集めたが、当選直後のある事件が波紋を呼んでいる。
日本統一教会(現・世界平和統一家庭連合)の萩生田光一政調会長(58)が参院選の選挙戦で生田に同行し、教会に支援を要請したと「デイリー新潮」(8月16日号)が報じたのだ。
月10日に発足した第2次岸田内閣では、統一教会やその関連団体との関係を認めた閣僚7人を交代させた。教団関連行事への参加を公言していた萩生田氏は経済産業大臣を退任して新政調会長に就任し、記者会見で教団との関わりについて「今後一線を画すことにした」と表明した。
しかし、「デイリー新潮」によると、萩生田氏は09年から12年にかけて、月に1、2回、八王子市内の教会施設を訪れて講演をしていたという。さらに、礼拝を兼ねた日曜のバーベキューパーティーにも参加するなど、教会との関係は深かったとされる。
一方、萩生田氏は「週刊新潮」の取材で、井倉氏と施設を訪れたことを認め、「選挙中、支援をお願いしたことはないし、選挙に協力していただいた事実もない」と述べている。旧統一教会が主催する礼拝やバーベキューに参加した事実もない」と否定した。
また、郁夫氏は同誌の取材に対し、「八王子での講演後、私の講演を聞いていた方から『ここに来られない友人も近くにいるから、郁夫さんから直接話を聞きたい』と言われた。スタッフが相談したところ、次のスケジュールの合間に(教会の施設に)立ち寄ってくれたそうです。講演の現場には萩生田先生も同行していた」と説明した。
候補者アンケートにほぼ「無回答」、正門を避けて当選して初就任
安倍晋三元首相(67歳)の銃撃事件をきっかけに、統一教会と政界の密接な関係が問われるようになった。この関係を追及する動きは衰える気配がなく、ワイドショーでも連日、この問題が取り上げられている。
そんな中、生稲氏と教会との接触が明るみに出た。生稲氏といえば、選挙期間中にもかかわらず、その行動が世間を騒がせていたことは記憶に新しい。
生稲氏は、NHKの候補者アンケートを「ほぼ無回答」で提出し、批判を受けてツイッターに謝罪動画を提出。批判を受け、Twitterに謝罪動画が投稿された。毎日新聞のアンケートでは「富裕層への課税強化に反対」と回答し、朝日新聞のアンケートでは「所得や資産が多い人への課税を強化すべき」という質問に対して「どちらかといえば賛成」と回答した。その主張のあいまいさに、「矛盾」を指摘する声が相次いだ。
当選直後から騒動は続いた。
池上彰の選挙ライブ』(テレビ東京系)で取材を拒否していたことが報じられたのだ。番組では『生稲氏の国会議員としての資質、学識は圧倒的に不足している』という選挙関係者の匿名コメントも紹介されました。
そこで、生稲氏の選挙事務所スタッフが、テレビ東京のプロデューサー、池上彰氏(72)に抗議文を送った。時間がないことを理由にしたが、ネット上では「自分の言葉で説明しろ」などの批判が相次いだ。
前回の臨時国会では、報道陣やおニャン子クラブ時代のファンが集まる正門を避け、北門から静かに登院した生田氏。選挙戦での行動も相まって、「逃げるな」という声が上がった。過去の経歴に加え、生田氏が統一教会と接触していたことが判明すれば、国民の不信感はさらに強まるだろう。
生稲氏は衆院選からわずか1カ月余りで、統一教会と接触していたことが報じられた。ネット上では、生稲氏の釈明を求める声が上がっている。
今こそ生稲氏は、統一教会との関係を明らかにすべきです。
今度こそ生稲氏に釈明してもらいましょう。
《自民党政調会長の萩生田氏、統一教会とのprをお願いします。